オーバービュー/Overview

 w2ソリューションの使命は、eビジネスに関わる人全てを幸せにする(Win-Win)こと、そして、w2が生み出す技術とサービスを世界に発信する(MADE IN JAPAN)を体現することです。



 創業者である山田大樹、落合雅浩、松下太一は、その使命を達成するために、最初のステップに、ECサイト構築のプラットフォーム「w2Commerce」をこの世に生み出しました。 誕生した「w2Commerce」は大規模なECサイトでも十分に活用できる、そして、たとえるならば、大規模な高層ビルディングを作ることが可能な製品です。そして、ビジネスステップに応じ、この基盤を使うことで、 2階建ての建物から大規模な高層ビルディングに、しっかりと積み重ねられることをコンセプトに開発された製品です。 実際に利用するサイト運営者のEC流通額は月商数100万~年商数100億と幅広く活用されております。


 そして、次のステップとして製品だけでなく、動作するインフラ環境も含め、大規模サイトで求められるセキュリティ、高可用性、拡張性、ユーザビリティの全てを満たした、ECインフラとして、EC事業者のステージに併せて段階的にサービスの拡張ができる、低価格なSaaS型サービスが生まれました。この時、w2ソリューションは、ECサイト構築業界に於いて、SaaS型サービスの草分けとして開始し本サービスは成長を日々重ねています。


 w2が目指している未来像として、「Package+Service = w2ソリューション」という言葉があり、これはw2は、Packageを造るだけでなく、サービスと共に提供していくことがw2のコンセプトです。つまりw2の目指すビジョンには、ソフトウェアとサービスは、切り離せないと考えているということです。そして、もうひとつ重要な未来像は、「ECの最終形を造る」ことです。w2に関わる利用者、運営者、そして、各ステークホルダーに対して、Win-Winの関係を体現できる状態をECの最終形だと考えています。



 w2ソリューションは、世界規模でのNo1かつ一流を目指します。




w2ソリューションの名前の由来

 社名に冠する「w2」には、「Win-Win」「World Web」の2つのw2ソリューションを象徴するとても重要な想いが込められています。そして私たちは、それをソリューションしていくことを誓い、社名が決まりました。

WinWin

WorldWeb

ページ上部へ